Amazonプライムビデオの解約手順|月額料金・年会費返金条件も要チェック【U-WATCH公式】

Amazonプライムビデオ

月額500円(税込)という価格で利用できるAmazonプライムですが、配信作品や特典に魅力を感じない場合、解約を検討されることと思います。Amazonプライムビデオの無料体験を利用中で、30日間で完全に無料で終えたい人は、期間中に解約を進める必要があります。そんなAmazonプライムビデオの解約については、以下の通り。

 

  • Amazonプライムビデオの解約はAmazonプライム会員の解約であり、その他のプライム特典も利用できなくなる
  • 月額や年会費の請求日以降もサービスの利用度によっては、全額もしくは一部返金される可能性がある
  • プライム会員解約後も通常のAmazon会員として利用できるため、アカウントは無理に削除しなくても良い

 

月額や年会費などのプランがあることから、返金関連も気になるところだと思います。それでは、Amazonプライムビデオの解約の仕方を中心に、押さえるべきポイントについて、わかりやすく解説していきます!

しょうこさん
しょうこさん
アマプラはビデオだけじゃなくて、買い物のときの送料無料とかだけで十分元が取れるので、無理に解約する理由がないです。

あかねさん
あかねさん
余ってる年間の費用、すでに支払っちゃっている分はちゃんと返金される良心的サービスです。年間5000円くらいならそんなにきつくもないですね。

ともみさん
ともみさん
アマプラをフルサービスで利用しきれるかどうか、でアマプラを利用するかどうか決めたら良いと思います。

 

①Amazonプライムビデオを解約する前の注意点

Amazonプライムビデオを解約する前に、確認すべき注意点があります。特にAmazonプライムは他の動画配信サービスと違う点が多いので、しっかり見ておきましょう。

 

1.Amazonプライムビデオを解約するとプライム特典が全て利用できなくなる

AmazonプライムビデオはAmazonのプライム会員として登録している状態です。つまり、Amazonプライムビデオを解約することは、プライム会員を解約することになるため、プライムビデオ以外の特典も利用できなくなります。

 

AmazonプライムではAmazonでの基本送料が無料になることや、プライムデーに参加できることの他にも、Prime MusicやPrime Readingといった機能も付いてきます。

 

もし、無料期間のうちにAmazonでの買い物やプライムビデオだけ使って体験を終えようとしている場合、他の機能も一通り試した上で解約を検討した方が良いのです。

 

なおAmazonプライムを無料期間内で解約した場合は、解約日からAmazonプライムの特典が利用できなくなるので注意してください。

 

一方、月額や年会費で利用中に解約する場合は、解約日に終了するか、次の月額請求日の前日に終了するかを選べるので、後者の時は解約後も前日までプライムの特典を利用可能です。

 

2.請求日を過ぎてもサービスを利用していなければ返金される

Amazonプライムを無料期間内に解約しない場合、自動的に月額会員となり、登録時に入力した支払い方法によって料金の支払いが行われます。また月額や年会費で利用中の場合も、基本的には請求日が来たら自動で料金が引かれるのです。

 

この自動更新はAmazon内の設定を変更することで止められるのですが、継続利用している時は自動更新にしている方が楽であり、そのせいで不意に利用を止める時、お金が既に支払われた後ということもあります。

 

ただAmazonプライムは、請求された日以降にAmazonプライムの特典を一切利用していない場合は、そのお金が全額返金されるようになっています。うっかり請求日を忘れていても、サービスに手を付けなければ返金できるので、覚えておくと役に立つこともあると思います。

 

ただしAmazonプライムの特典なので、プライムビデオ以外のAmazonでの買い物や、Prime Musicを一回でも利用していた場合は、返金対応はして貰えなくなります。

 

返金できることは確かですが、確実に次の請求日を止めるのであれば、無料期間での登録時に設定できるお知らせメールをオンにしたり、自動更新をオフにしておきましょう。

 

3.サービスの利用度によって一部返金される可能性がある

上記では請求日以降にサービスを利用していなければ全額返金になると書きましたが、請求日以降でサービスを利用してしまった場合も、月額や年会費の一部が返金される可能性があります。

 

返金額の基準は、サービスの利用度となっているので、利用していない日数が多くても、返金額が上がるわけではありません。請求日以降の1日に何度もサービスを利用していた場合は、返金が一切されない可能性があります。

 

この返金はどちらかと言うと、年会費で登録した人がその日のうちにサービス利用を停止した場合に、多少の返金が望めるといったものです。そのためにはAmazonプライムの解約時に「今すぐ終了する」を選択しなければいけませんが、それ以外の手続きは特にありません。

 

逆に月額利用をしている人は、やはり請求日前に解約しておく方が無難です。

 

②Amazonプライムビデオの解約手順

それでは、Amazonプライムビデオの解約手順を実際に見ていきましょう。

 

■パソコンの場合

1.Amazonのトップページから「アカウント&リスト」を選択する(左上のメニューを開いてアカウントサービスを選択しても同じ画面が開きます)

 

2.項目の中にある「プライム」を開いて、「プライム会員情報」にある「会員登録を終了する」を選択する

 

3.確認画面が2回挟まれるので「特典と会員資格を終了」、「会員資格を終了する」を選択する

 

4.最終確認の画面で「(日付)に終了する」か「今すぐ終了する」のどちらかを選択して完了

 

✓ポイント

・「(日付)に終了する」の日付は、無料期間の期限や次の月額請求日の前日です。

・「今すぐ終了する」は、選択した時点で、Amazonプライムのサービスが全て利用できなくなります。期限いっぱいまで利用するつもりであれば前者を選択し、少しでも返金を望む場合は後者を選択しましょう。

 

 

■スマホ(アプリ・ブラウザ)の場合

パソコンとほぼ同様の手順ですが、一部表記が異なります。

 

1.Amazonのトップページから左上のメニューを開いて、アカウントサービスを選択する

 

2.アカウントの項目にある「プライム会員情報の設定・変更」を選択する

 

3.「プライム会員情報」を開くと表示される「プライム会員資格を終了する」を選択する

 

4..確認画面が2回挟まれるので「特典と会員資格を終了」、「会員資格を終了する」を選択する

 

5.最終確認の画面で「特典と会員登録を終了」を選択して完了

 

✓ポイント

スマホの場合は「今すぐ終了する」の選択はなく、無料期間の期限や次の月額請求日の前日に会員特典が終了すると表示されます。

月額や年会費で返金を望む場合は、アプリではできませんが、ブラウザ上であれば、スマホ表記からPC表記に変えることで、パソコンの場合と同様の処理が行われます。

ただ、操作しづらい部分もあるので、「今すぐ終了する」を選択する予定でパソコンがある方は、パソコンでアクセスしたほうが良いでしょう。

 

③Amazonプライムの再登録の手順

Amazonプライムを解約後に、もう一度Amazonプライムを利用する場合は、新しくアカウントを作成する必要はありません。Amazonプライムを解約しても、通常会員としてのAmazonのアカウントは残っているので、すぐに再開できるようになっています。

 

手順としてはAmazonのトップページに表示されている「プライムを始める」やAmazonプライムの登録を検索するなど、Amazonプライムを始めた時と同様の手順を踏むだけで済みます。この際に必要となるのは、クレジットカードや携帯決済などの支払い方法のみです。

 

この時、登録ページによっては、30日間の無料期間があるような表記になっていることがありますが、退会後すぐに再登録する場合は、無料期間は付与されません。

 

※Amazonプライムの無料期間は時間が経つと、初回でなくても無料期間をもう一度使える場合があります。

 

また、大学生や専門学生などが対象であるPrime Studentのプランで再登録するつもりであれば、専用のページにアクセスして再登録してください。こちらの再登録も通常の登録と同じく、クレジットカードと学生証明があれば、すぐに再開できるようになっています。

 

④Amazonのアカウントを完全に削除する方法

Amazonのアカウントは、解約だけでは削除されないので、完全に削除するには以下の手順が必要になります。

 

1.Amazonの「ヘルプ」内の「アカウント閉じる」から「カスタマーサービスに連絡する」を選択する

 

2.「お問い合わせの種類を選択してください」から「その他」を選択して、「アカウントの確認、変更、閉鎖」を選択する

 

3.「アカウントの閉鎖」を選択して、チャット・電話・Eメールの中から問い合わせ方法を選択する

 

4.問い合わせ方法ごとで申請して、公式側にアカウント削除を行って貰う

 

・チャット…お問い合わせ内容を書く欄があるので、アカウント削除することを書いて送信して、やり取りしていく

・電話…電話番号を入力する欄があるので、出られる番号を入力し、そこに担当者からの連絡が来るので、やり取りしていく

・Eメール…メールを送信するボタンがあるので、それを推すと、ログインに利用しているEメールアドレスにアカウント削除に関する手続きのメールが届く

 

どのお問い合わせ方法を使っても構いませんが、Eメールアドレスの場合は、メール間でのやり取りになるので、少し時間がかかります。

また、電話やチャットも時間帯によっては繋がりづらかったり、返信が遅くなったりすることもあります。いずれの場合も、登録者本人のみでは削除が行えないので、全体的に手間がかかります。


AmazonのアカウントはAmazonプライムを利用しなくてもAmazon内で買い物をする場合は必要になるものです。Amazonプライムビデオの利用を辞めても、Amazonで買い物をすることが時々でもある場合は、アカウントは削除せずに残しておいた方が、もう一度アカウントを作成する際の手間が省けます。

 

個人情報が漏れる可能性はないとは言い切れませんが、それほど不安に思う必要は無く、削除しなくても良いものと言えるでしょう。

 

⑤Amazonプライムの返金方法について

①でも書いたようにAmazonプライムでは、月額や年会費が返金される可能性があります。サービスの利用度による返金額は、月額と年会費共にこちら側からは特に手続きをする必要はなく、解約時にAmazon側が集計を行った上で返金を判断されます。

 

返金がある場合は、解約手順の中にあった「プライム会員資格を終了する」の文に続いて、「残りの会員期間に対して(金額)が返金されます」と表示されます。

 

この表示がない場合は、自分では請求日以降にサービスを利用してないつもりでも、Amazon側が返金はないと判断したことになります。もしも明らかに間違いである時は、④にあった「カスタマーサービスに連絡する」から、返金に関するお問い合わせをしてみてください。

 

そして返金額は、支払い方法として登録しているものを通して銀行口座へ返金されます。

 

クレジットカードで登録している場合は、クレジットカード会社を通して、また携帯決済で登録している場合は、各携帯会社を通して、それぞれ元となる口座へ返金されるということです。そのため、返金のみ現金や他の支払い方法に置き換えて振り込んで貰う、といったことはできません。

 

また、これらの返金には処理に時間がかかることがあり、特にクレジットカードでは、会社によっては1ヶ月以上の時間を要することがあります。

 

返金額が解約時に表記されていた時は、必ず返金されるのですが、数ヶ月以上経っても返金が行われない場合は、カスタマーサービスやクレジットカード会社などに連絡してみましょう。

 

⑥まとめ

最後にAmazonプライムビデオの解約についてまとめていきます。

 

  • Amazonプライムビデオを解約することはAmazonプライム会員の解約であり、その他のプライム特典も利用できなくなる
  • 月額や年会費の請求日以降もサービスの利用度によっては、全額もしくは一部返金される可能性がある
  • プライム会員解約後も通常のAmazon会員として利用できるため、アカウントは無理に削除しなくても良い

 

Amazonプライムビデオはプライム会員も解約することになるので、プライムビデオ以外の特典も使えなくなりますが、アカウント自体は通常のAmazon会員として引き続き利用できます。

 

他の動画配信サービスと比べると返金もあり、うっかり解約を忘れても多少助かる部分はありますが、あくまで返金される可能性があるという程度と捉えるべきです。そのため、できれば請求日前の解約を心がけると良いでしょう。