dTVの解約手順|契約解除のタイミングに注意【ドコモユーザーでなくても使えるVOD】U-WATCH公式

U-NEXT

ドコモの提供するVODサービスで、ドコモの携帯を使っていなくても利用できるdTVですが、見放題の範囲が限られることや、他のVODサービスへ移行する場合は、解約を考えると思います。また、初回には31日間無料が付きますが、完全に無料で利用したい場合は、期間内での解約は必須となります。そんなdTVの解約のポイントは、以下の通り。

 

  • dTVは解約した時点で、動画などの全てのコンテンツが利用できなくなる
  • システムメンテナンスの時間帯には、解約手続きができない
  • dTV解約後もdアカウントは残るが、dアカウントは他のサービスでも使える

 

以下、dTVの解約の仕方を中心に、わかりやすく解説していきます。

 

①dTVを解約する前の注意点

dTVを解約する前に、いくつか確認すべき項目があります。特に無料期間内での解約を考えている方は、しっかり確認しましょう。

 

1.解約した時点で全てのコンテンツが利用できなくなる

dTVは無料・有料問わず、月額請求日が来ると、登録した支払い方法によって、月額分の料金が引かれます。この時、日割り計算で月額料金が返還されることはないので、無料・有料のどちらも請求日より前に解約した方が、余計な出費をせずに済ませられます。

 

ただしdTVは、解約した時点で配信動画やダウンロードした作品など、全てのコンテンツが利用できなくなります。特に無料期間を最大まで利用したい場合は、請求日の前日あたりに解約手続きをするのがおすすめです。

 

2.システムメンテナンスの時間に注意

dTVは毎週火曜の午後10時30分になると、翌日水曜日の午前7時までシステムメンテナンスが実施されます。この時間帯はdTVの解約手続きが一切行えないため、請求日の前日が重なるようであれば、この時間帯を避けて手続きをしましょう。

 

また、臨時メンテナンスが入ることがあるので、解約を考えている場合は下記のURLから、メンテナンス情報もチェックしてみてください。

 

https://www.nttdocomo.co.jp/mydocomo/maint/?_ga=2.21481080.214449500.1603086275-1895637745.1558500061&_gac=1.190124505.1601879310.Cj0KCQjw5eX7BRDQARIsAMhYLP9UI7JSXl28a8Qo6VB_RPMVVk0d-f3EbnRABA2h_M1mD1Sda0C2b8kaAivhEALw_wcB

 

3.iPhoneやiPadのdTVアプリでは解約手続きが行えない

dTVはiPhoneやiPadのアプリでも配信されていますが、次で紹介するAndroidのアプリとは違って、iPhoneやiPadのアプリ内には解約の項目がありません。

ただ、iPhoneやiPadでもブラウザを経由して解約する限りは問題ないことなので、アプリ内から手続きが行えないということだけは覚えておきましょう。

 

②dTVの解約手順

それではdTVの解約手順を見ていきましょう。

 

■Androidアプリの場合

1.dTVのアプリにログインして、アプリのフッターメニューにある「その他」から「アカウント」の「解約」を選択する

 

■ブラウザの場合

1.dTVにログインして、ホームのメニューにある「アカウント」から「解約」を選択する

 

以下、androidアプリとブラウザで同じ手順で進めていきます。

 

2.画面の下部にある「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を選択

3.「My docomo」へのログイン画面が表示されるので、dアカウントのIDとパスワードでログインする

4.「dTVの手続き」が表示されるので、画面の下部にある「dTVを解約する」の欄をチェックする

5.「注意事項」の項目にある「dTVの注意事項」を選択すると、ポップアップが表示されるので、目を通した後「閉じる」を選択する

6.「dTVの注意事項に同意する」にチェックを入れ、「受付確認メールの送信先」を選択した後、「次へ」を選択する

7.セット割引を利用していた場合、割引が終了する確認が出るので「次へ」を選択する

8.最終の確認画面が出るので「手続きを完了する」を選択すると、解約完了

 

■ドコモ回線契約の場合

ドコモ回線を契約している人はお近くのドコモショップか、ドコモインフォメーションセンターを通して解約手続きを行うことも可能です。

ドコモの携帯を利用すると、インフォメーションセンターに無料で電話をかけられるので、ドコモ回線契約者で一人で手続きができるのか不安な方は、こちらを頼ってみてください。

 

・ドコモインフォメーションセンター

電話番号:151(ドコモの携帯から無料で発信)/0120-800-000

受付時間:午前9時~午後8時、年中無休

 

③dTVの再登録の手順

dTVはサービス自体に登録しているのではなく、dアカウントを使ってサービスを利用しているので、dTVを解約してもdアカウントは残ったままです。

 

そのためdTVを再登録する時も、通常の登録手順と同じく、トップページのログインなどからdアカウントでログインを行い、支払い方法を登録するとすぐに再開できるようになっています。

 

この際、「初回31日間無料」のバナーからでも再登録を行えるのですが、無料期間を一度利用済みの場合は、クリックやタップができても、無料期間は付与されません。

 

また解約の時にも、利用するMydocomoから再登録の手続きが行えるようになっています。

 

■Mydocomoでの再登録

1.Mydocomoにdアカウントでログインする

2.「ドコモオンライン手続き」の中にある「ご契約確認・変更」を選択する

3.一覧の中から「dtv」の「申し込み」を選択する

4.「手続き内容の確認」が表示されるので、「dtvを申し込む」と「利用規約・注意事項に同意する」にチェックを入れる

5.「受付確認メールの送信」が表示されるので、任意のメールアドレスを入力する

 ※この際に登録するアドレスはdアカウントの作成に使ったアドレス以外でも問題ありません。

6.クレジットカードの情報を入力した後、確認画面で問題なければ「手続きを完了する」で登録完了

 

いずれの再登録の場合も、請求日は登録したその日から始まり、翌月の1日に次の請求が行われます。月額的に損をしないように利用したい場合、再登録は月の始めからにした方がおすすめです。

 

④dアカウントの削除について

dTVの利用を止めてもdアカウントは残ることから、そのアカウント内に個人情報はそのまま残されることになります。

ドコモ回線を利用している人やドコモケータイのユーザーであれば、dアカウントの削除はあまり考えないものですが、その2つ以外の方は、安全のためにも削除しておきたいと思うかもしれません。

dアカウントは以下の手段で削除できます。

 

■ドコモの回線を契約している場合

下記のURLからdアカウントでログイン後、削除処理を行う

https://id.smt.docomo.ne.jp/src/utility/deleteid.html

 

■ドコモの回線を契約していない場合

dアカウントにログインして、「dアカウントメニュー」の「dアカウントを廃止する」を選択すると、削除が完了します。

 

ドコモユーザーでdアカウントを削除した場合、ドコモのdアカウントを利用したサービスは停止されますが、ドコモの契約が解消されるわけではありません。

 

またdアカウント自体は、ドコモユーザー以外でも、別のサイトで利用できるアカウントです。例えば、アニメ専用のVODサービスであるdアニメストアや、スポーツの試合を多く配信するDAZNは、登録の際にdアカウントの作成が必要になります。

 

削除すると改めてアカウントを作り直さなければいけないので、どうしても不安な人以外は、dアカウントは残しておいても損は無いでしょう。

 

⑤dTVを継続利用した方が良い人とは?

dTVの無料期間中の利用で、使い心地が良い部分があったことから、継続するか解約するかを迷うこともあるでしょう。dTVでは、以前は継続利用すると会員ランクが上がる特典がありましたが、現在は会員特典が増えることはありません。

 

なので、無理に継続利用しなくても良いのですが、下記のメリットを受けられる場合は、継続利用を検討しても良いでしょう。

 

■dポイントが貯まる支払いをよく使う人

dTVは見放題作品もありますが、全体で見るとレンタル作品の方が多くなっています。このレンタル作品を視聴するには、月額とは別に料金を支払う必要がありますが、それ以外にdポイントを利用したレンタルも可能です。

 

dポイントは、ドコモ払いやdカードで支払った時に付与されるポイントなので、これらの支払いをよく使う人は、他に使い道がなければ、dTVのレンタルに有効活用できます。

 

ドコモ払いはドコモを契約している方だけの利用となりますが、dカードは他のケータイ会社と契約している人でも作れるのです。

 

月額料金的には500円(税抜)とVODサービスの中でも安く、ポイントでレンタルすれば最小限の支払いでサービスを楽しめるので、継続利用する価値はあります。

 

■配信予定作品に視聴したい作品がある人

dTVでは1ヶ月単位で作品の入れ替わりが行われており、新しく入る作品も事前にわかるようになっています。(下記URLの新着タイトル)

https://pc.video.dmkt-sp.jp/title-list/new-soon/accountType/3

 

そのため、新しく入って来る作品で視聴したい作品がいくつかある場合は、そのまま継続利用する価値はあります。この際、配信形式が見放題かレンタルのどちらかという点も、しっかりとチェックした方が良いでしょう。

 

dTVで新しく入って来る作品は、ドラマや映画は少し前の作品が多く、アニメは最新作が多い傾向にあります。この傾向も加味しつつ、継続か解約かを判断していきましょう。

 

⑥まとめ

最後にdTVの解約についてまとめていきます。

 

  • ・dTVは解約した時点で、動画などの全てのコンテンツが利用できなくなる
  • ・システムメンテナンスの時間帯には、解約手続きができない
  • ・dTV解約後もdアカウントは残るが、dアカウントは他のサービスでも使える

 

dTVの解約は「My docomo」内で手続きを行いますが、解約後には動画が視聴できないことやシステムメンテナンス中の解約ができないことには注意しましょう。

 

またdアカウントは、dTV以外でも必要になることがあるので、ドコモユーザー以外も無理に削除する必要は無いでしょう。他のサービスでも無料期間が付くものもあるので、せっかくdアカウントを作成したからには、それらの体験も検討しても良いでしょう。