クリスマスにおすすめの映画18選|U-NEXTで見れるもの厳選【ハートフル・ファミリー】2020年版

U-NEXT, 映画

2020年もいよいよ終盤、来るクリスマスに家族や恋人と一緒に見るのにおすすめのクリスマス映画をご紹介します。ここではU-NEXTで視聴できるクリスマスシーズンの映画をまとめていますので、参考にどうぞ。U-NEXTを始める場合はサービスの仕組みの関係上12月月初に登録すると非常にお得です。

U-NEXT

U-NEXTで見れるクリスマス向け映画

ナイトメア・ビフォア・クリスマス

毎年、人間界にハロウィンのお祭りを送り出すハロウィンタウン。単調な毎日に嫌気が差していたカボチャ大王のジャック・スケリントンはある日、クリスマスタウンに迷い込む。その楽しさに魅せられたジャックは、自分でクリスマスを仕切ろうとするが…。

わんわん物語同様、画面の前でじっくり見る映画ではなく、クリスマスパーティー中のBGM映画として生かしたい作品。大人数集まっているクリスマスパーティー中、お話しながら、裏では何か映画流れているなぁって演出するのにぴったり。ちょっとちびっこには怖いかもしれないけど、ついつい見入ってしまう名作。

 

ハイスクール・ミュージカル

イースト高校の人気者・トロイ。彼は大晦日の夜に行ったパーティーで初対面のガブリエラとデュエットし、歌う楽しさを知る。そして新学期、イースト高校に転校してきたガブリエラはトロイと再会、共にミュージカルのオーディションを受けようと約束するが…。

恋と青春っていいなぁって思えるお話。ディズニー・チャンネルから出てきた大人気映画。歌、カラオケ、ダンス、学園下剋上、学生独特の忙しさ、恋、出会いといろいろてんこ盛りで超絶オススメ。恋したくなる、人を好きになれる作品なのでクリスマスにもぴったり。ザック・エフロンに恋しましょう。ハイスクール・ミュージカル2もありますが、そっちは微妙。

 

美女と野獣

2017年実写

魔女の呪いによって野獣の姿に変えられてしまった王子。呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらが全て散る前に誰かを心から愛し、愛されることだった。絶望な日々を送る王子の前にある日、聡明で美しい女性・ベルが現れ、次第に2人は惹かれあう。

1991年アニメ

魔女の呪いで野獣に変えられてしまった王子。元の姿に戻るには、心から人を愛し愛されなければならない。ある日、そんな彼のもとにベルという娘が現れる。家来は彼女こそ呪いを解いてくれるのではと期待するが、ベルは野獣の傲慢さに心を閉ざしてしまい…。

アニメ、実写の2つの美女と野獣があって、アニメから見るのがおすすめ。たぶんアニメの方が心が温かくなります。実写の美女と野獣は主演のエマ・ワトソンが美女過ぎて話が入ってこないと思うので、アニメで雰囲気作り、実写版もあるよってことで、後で見ようねって話題にするために実写を用意しておくと良いかもしれません。

 

わんわん物語

コッカー・スパニエルのレディは裕福なジム家で暮らすお嬢様犬。だが赤ん坊が生まれ、さらに犬嫌いのベビーシッターがやってくると堪らず家を飛び出してしまう。慣れない街を孤独にさまようレディ。そんな彼女を救ったのは、雑種で野良犬のトランプだった。。

絵面がちょっと古っぽい感じはしますが、主にBGM映画としてぴったりです。お食事でもしながら、のんびりと2人の時間を過ごしながら、お部屋でただ雰囲気で流しておくのにピッタリの映画。クリスマスパーティー中とかに画面に流しておくとちびっこなんかは熱中し始めるかも。感動のシーンの話題性もあるので、生かし方次第。

 

ハッピーフィート1&2

1作目

皇帝ペンギンの世界では、歌で心を伝えられなければ一人前になれない。音痴でタップダンスが上手いマンブルは、当然のように追放されてひとりぼっちに。そんな中、アデリー・ペンギンの5人組“アミーゴス”と出会い、自信とリズムを取り戻していくが…。

2作目

タップダンスの達人マンブルの息子エリックは、ダンスが嫌いで練習から逃げ出し、偶然出会った飛べるペンギンのマイティ・スヴェンに心酔。カリスマ性たっぷりのスヴェンの前では、マンブルも為す術がない。そんな中、ペンギンたちの世界は危機に見舞われ…。

寒い冬にぴったりのかわいらしいアニメーション作品。愛を歌い、踊り、タップダンスしちゃう不思議な展開ながら、宇宙を巻き込む?!描写にはツッコミも追いつきません。ペンギンがかわいいので、動物園とか、水族館とかデートに行く前に見てもいいかもしれません。アミーゴスのテンションについていけるように心の準備をしましょう。

 

U-NEXT

夏目友人帳 いつかゆきのひに

夏目は小さな雪だるまのような妖と出会い、モコモコと名付ける。話を聞けばそれは「暖かいものを探している」というのだが…。モコモコが触れたものは全て凍ってしまうため、寒いと嫌がるニャンコ先生を尻目に、夏目はモコモコの探し物を一緒に探しにいく。

映画ではないですが、22分くらいの短編アニメで、冬の寒くて、温かい、夏目友人帳独特のゆったりしたペースで進む雰囲気を楽しめます。とりあえず30分時間があるとか、ちょっと移動時間にカップルで暇になるってときのためにスマホのU-NEXTアプリでDLしておいて、ぱぱっと見れば2人の間の雰囲気が温かくなります。

 

グリンチ

家族も友達もいないグリンチはいつもひとりぼっち。そんなずっと寂しい毎日を過ごしていたグリンチは、大人になってひねくれ者になってしまった。村中が幸せな気分に包まれるクリスマスが一番嫌いなグリンチは、あるとんでもない作戦を思いつき…。

定番過ぎてもう見た、って方は次の作品へ。ひねくれ者のグリンチがクリスマスが嫌いだそうです。アメリカでは、日本のドラえもんくらいに人気の作品で、知名度も高く、見ておけば、アメリカに行った時に「わたし、グリンチ見たぜ!」って言えるくらいの映画。

 

マザー・クランプス クリスマスの魔女

1992年のクリスマスに5人の子供が惨殺される。街の人々はある女性を犯人と決め付け、絞首刑に処す。それから25年後のクリスマス直前、再び子供たちが失踪。そんななか、小学生のエイミーは森の中にたたずむ黒い影に「こっちにおいで」と呼ばれるが…。

ホラー枠、かつ、B級映画枠のクリスマス映画。クリスマスとあんまり関係がないレベルでB級なわけですが、B級映画としては完璧です。ツッコミどころが多いので、カップルでみながら「しょーもねぇ!」って笑いながら楽しむ用の映画。ちょっと怖い雰囲気はありますが、よほどホラー苦手でなければ見れます。どうしても苦手ならハッピーフィートと2本立てにしましょう。

 

クリスマス・カンパニー

人間界から遠く離れた“サンタ”たちの世界。サンタクロースとエルフたちは、クリスマスプレゼントの準備に大忙し。しかし、プレゼントを作っていたエルフたちが倒れてしまった。彼らを助けるため、大人嫌いのサンタクロースは渋々人間界へ向かうが…。

よくある話題の定番クリスマス映画。一応、紹介しておこうか、というテンションでリストインした作品。ぶっ飛んでいて、ツッコミどころが多いので、コメディ作品として見れます。冬なので、お肌と健康のためにビタミンCは必須ですよね。あ、そうだ、ビタミンCのサプリ飲まなきゃって思い出せる感じの映画です。

 

エンド・オブ・デイズ

1999年、大晦日目前のN.Y.。警備会社で働くジェリコは、依頼人の株屋を狙撃した犯人を追い詰めるが、その男は「悪魔が復活する」と不可解な言葉を吐く。ジェリコは男が元修道士であることを突き止め、彼の住居にあった写真の女性を訪ねるが…。

過去、金曜ロードショー的なもので年末に放送されていた衝撃的な作品。リア充爆発しろって思っている人向け、かと思いきや、愛情深い心がある作品で、ぶっとんでいて、世紀末で、でもちゃんと締めがある不思議な映画です。クリスマス、大晦日に見るのに超絶おすすめ。ファンタジー、SF要素もあるけど、エログロ要素もあります。

 

サンタクロースになった少年

孤児のニコラスは、村人たちに1年交代で世話をしてもらっていた。毎年クリスマスに次の家族のもとへ移るニコラスは、世話になった家の子供たちに手作りの玩具を贈っていた。時は流れ、ニコラスはさらに多くの人々にプレゼントを届けるようになり…。

定番で、どこででも紹介されているクリスマス映画。サンタクロースになった少年というタイトルはそのままの内容で、学びあり、涙あり、見ておいて損のない映画です。ただ、クリスマスくらいじゃないとあえて見ようと思わないテーマ特化の映画なので、サクッと見ちゃってその後デップーとか見ると良いかも。

 

ポーラー・エクスプレス

クリスマスイブの夜。サンタクロースを信じられなくなった1人の少年がベッドに入る。やがて真夜中を迎えようとしたその時、轟音と共に現れたのは、巨大な蒸気機関車ポーラー・エクスプレス。車掌に促された少年は、これに飛び乗って壮大な冒険に旅立つ。

ジャケットからは想像できないような「美しい映像」を見れる作品で、夢、幻想、雪、冬、クリスマス、夜といったキーワードを全部盛りにしたような作品。親子で見るのも、カップルで見るのも良し。冒険に出る感じがクリスマスの浮ついた雰囲気にスパイスを与えてくれるのでいい感じ。

 

U-NEXT

グレムリン

ビリーが父親からクリスマス・プレゼントで貰った小さな生き物モグワイには、光を当てない、水をやらない、夜中の12時過ぎにエサを与えない、という守るべき条件があった。だが、これが破られ、モグワイは凶悪な怪物グレムリンに変身。街は大混乱に陥る…。

映像の感じがちょっと古いですが、話の流れやテーマ、展開がとてもとても衝撃的で、ホラーとキュートでマッドな感じと、クリスマスっぽいふわっとした雰囲気もあっておすすめ。映画ファンならば話の内容は知っているけど…見たことないという方は多いハズ。話題性完璧なので、クリスマスにこそ見て欲しい。

 

デッドプール

ガンに冒された傭兵ウェイドは、完治を約束する組織の研究施設へ。だが、そこでは人間を戦闘マシンに変える研究が行われており、彼は不死の肉体と超人的身体能力を得るものの醜い姿に。施設を脱出したウェイドはデッドプールと名乗り、組織への復讐を始める。

こちらも話題性MAXで、クリスマスにおちゃめな、ちょっと明るい感じになれる作品。キャラが濃いのとよく喋るので、雰囲気を柔らかくしてくれそうな作品。クリスマスにいつも通りな過ごし方は嫌だって方への刺激ある作品として推薦。2作目もあるので是非。

 

大停電の夜に

クリスマスイブの夜。首都圏が大停電に見舞われ、東京の街から明かりが消えてしまう。そんななか、エレベーターに閉じ込められた男女や離婚危機にある夫婦、バーのマスターとキャンドルショップの店主など、さまざまな男女に思いもよらない出来事が訪れる。

あんまりおすすめではないけれど、定番の映画で、1回見たらもういいかなって思うくらいの作品。クリスマスイブの夜に起こる物事があるけれど、それだけ…というところもある。ただ、イブの日にエレベーターに男女が閉じ込められるとか、なんか発展しそうな展開が多いのでドキドキはします。

 

ジュマンジ|ウェルカム・トゥ・ジャングル

4人の高校生が「ジュマンジ」というソフトが入った古いテレビゲーム機を発見。早速プレイしようと各人がキャラクターを選定すると、なぜかみんなゲームの中に吸い込まれてしまう。現実世界に戻るには、難攻不落のステージをクリアしていくしかなかった。

クリスマスにしんみり、ゆるゆるしてられない!って方におすすめなのが最新のジュマンジ2作品。ドウェイン・ジョンソンが出てくるので間違いないです。これをまだ見てない方は見ておいた方が良いです。クリスマスに見て絶対に失敗しない?作品で、何より楽しい雰囲気にさせてくれます。話題にもできる作品なので超絶オススメ。

 

ダ・ヴィンチ・コード

パリのルーブル美術館で館長が殺害された。現場には不可解な暗号が残されており、容疑者として連れて来られたラングドンは、ファーシュ警部から誘導尋問を受ける。そこを館長の孫娘で暗号解読者のソフィーに助け出され、暗号の謎を解き始めるが…。

残された暗号、未知の世界、過去の遺物とかが大好きな人向けの作品。クリスマスや年末に見るからこそ楽しく見れるのがこういうちょっとスリルとサスペンスが混ざったような作品。神秘的な印象もあって、宗教的な感じがちょっとクリスマスのような異国情緒ある感じのイベントにも合うんです。

 

フィフス・エレメント

2214年、巨大な力を持つ悪の生命体が地球に接近していることが判明。元統一宇宙連邦軍でタクシー運転手のコーベンは、車に飛び込んできた赤い髪の少女・リールーが地球存亡の鍵を握っていることを知り、地球を救うために必要な4つの石を探そうとする。

近未来SF映画の中でも突出している作品で、時間も空間も超えた運命の恋と、宇宙を広く股にかけて大爆発する展開に熱くなれます。男性も女性も楽しく見れて、話題性もMAX。中二病心もくすぐるので、家族で見てもOK、カップルでも見てもOK、一人で見てもOKのまさに「完璧」な作品です。

 

U-NEXT