U-NEXTで消費するデータ通信量を測定しました【通信遅い時は低画質に】

2020年3月18日U-NEXT

しばらくU-NEXTで動画を見てみて感じたのが画質の悪さと読み込みの遅さです。おそらくサーバー、または、回線が弱い、動画ファイルが重すぎるんだと思います。ひとまず、動画1本のうち数分程度、自動、低画質、高画質で再生しながら、システムよりデータ通信量を測定しました。どの程度ギガが減るのかの参考になれば幸いです。

U-NEXT

 


本ページの情報は2020年3月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。


結論:実測

各環境と比較対象でのデータ通信量は次のようになりました。数値はおおよその平均値・概算を取っています。

  • 低画質:3分1MB~3MB
  • 高画質:3分100MB~
  • 自動:3分100MB~
  • YouTube1080p:3分100MB~

時間に換算すると低画質ならば1時間で60MB程度、高画質・自動・YouTubeだと1時間で2GB近くかかると考えたほうが良さそうです。

 

従量課金されないWi-Fi環境下で見たい動画をオフライン再生用にダウンロードしておいてあとで見るようにするのを心がけると良さそうです。

 

U-NEXT公式では

U-NEXTのスマホ版から確認してみると、Wi-Fi接続時の低画質再生は1GB消費するのに4時間半ほどかかるとの記載がありました。

 

モバイル回線接続では最低画質にすれば1GBのデータ通信量、実質12時間ほどは視聴ができるとのことです。モバイル回線接続時は、自動画質にしていると、そのとき出せる最高値の画質になってしまうので、画質を自身で設定しましょう。基本的に最低画質にしておけば無難です。

 

ダウンロードにかかるデータ通信量は2時間の動画で約1GBだと記載されていました。

 

実際に「甲鉄城のカバネリ」を見たい分(全話)ダウンロードしましたら、1話あたり188MB(約200MB)でした。これは標準画質だったからですが、画質を上げればもうちょい重くなります。計画的にダウンロードしないとすぐにスマホがパンパンのなりそうです。

U-NEXT

低画質で再生・測定

 

再生したのは「へやキャン」です。動画再生時間が2分から3分程度だったからです。それ以上の理由はありません。

 

受信が動画再生に必要な部分です。低画質だと「288kbps~1.2Mbps」くらいのデータ通信量でした。細かいことは気にせずにデータのダウンロードにかかるデータ通信量は低画質にしておけば無難です。

 

平均はおおよそ448kbps程度でした。多少上がったり下がったりしますが、低画質に設定しておけば無駄にデータ通信量が落ちることはないでしょう。

U-NEXT

高画質で再生・測定

高画質にすると容赦なくデータ通信量が上がります。ダウンロード「5.0Mbps~15.4Mbps」くらいまで出ていました。

 

平均するとだいたい5.2Mbpsくらいですが、低画質の5倍くらいの画質で再生されちゃうので、全国的にネットが重くなりやすい早朝、夕方や、ネット回線がなんか重いなぁと感じた時は高画質にはしないで、低画質にしましょう。

 

これはWi-Fi環境時にオフラインで再生できるようにダウンロードしておけば気にせずに高画質で再生できるようになります。

 

3分ほどの動画を高画質で見ると100MBはデータ通信量を消費しそうです。これは1時間では2GBほどのデータ通信量が飛ぶことになるので、U-NEXTを見る時は従量課金じゃないネットで、Wi-Fiなどで見るほうが良いでしょう。

U-NEXT

自動モードで再生・測定

 

 

同じく自動の画質モードで「へやキャン」を再生しました。これも特に理由はありません。

 

自動モードの画質が最もデータ通信量がかかっている印象でした。だいたい「3.6Mbps~13.4Mbps」出ているような感じでした。

 

画質を自動モードにしていると読み込み回数が多いような気がしました。ポンポン、定期的に10Mbps以上のデータ受信があるので自動モードだと、回線混雑時はいちいち再生が止まりそうです。

 

もし、ちょくちょく再生が止まる、動画が止まる場合には、画質を「低画質」にして再生しましょう。自動にしておくとそのとき出せる速度MAXで出しちゃうみたいな印象です。

 

比較:YouTube1080pで再生・測定

 

こちらはYouTubeで1080pHDで再生した場合の測定結果です。

 

YouTubeの場合は読み込み回数が少なく、1回のデータ受信料が瞬発的に15Mbpsを超えるものがありました。

 

これはYouTubeのスタイルなんだと思います。U-NEXTはダウンロードの回数がこまめに多くて、YouTubeの場合は、ある程度まとめてドバっと動画をダウンロードさせちゃって再生させてる感じだと思います。

 

データ通信量は、U-NEXTの高画質とあんまり変わりなさそうです。

 

以上!

 

U-NEXT