あしたのジョー


制作国日本
作品カテゴリーアニメ
制作年1970年
作品ジャンル キャラクター,アニメ
「あしたのジョー」あらすじ

生まれつき風来坊の矢吹丈は下町のドヤ街にふと現れ、そこでヤクザに絡まれていた女の子のサチを助ける。その光景を見ていた丹下段平は丈にボクシングの道に進むように言うが、その気にならない丈はすぐに断るのだった。その後、丈は財閥令嬢の白木葉子を騙してお金をとったことから少年院に入れられてしまう。そこで運命のライバル・力石徹と出会うのであった。力石に負け、人生で初めての敗北感を味わった丈はそれからというものボクシングにやる気を見出し、段平をコーチにつける。2人の男の己のすべてを賭けた闘いが今、幕を開ける――。

「あしたのジョー」キャスト

【声の出演】
矢吹丈(あおい輝彦) 丹下段平(藤岡重慶) 力石徹(仲村秀生) 白木葉子(西沢和子) マンモス・西(西尾徳) カーロス・リベラ(広川太一郎) ウルフ・金串(加藤修) 林紀子(小沢かおる) サチ(白石冬美) 太郎(増岡弘) キノコ(牛崎敬子) ヒョロ松(肝付兼太
【監督】
出崎統 
【原作】
ちばてつや 高森朝雄 
【アニメーション制作】
虫プロ 
【音楽】
八木正生 
【作画監督】
杉野昭夫 金山明博 荒木伸吾 

「あしたのジョー」概要

「あしたのジョー」は、ボクシングをテーマにした日本のアニメ作品で、そのドラマチックなストーリーテリングが評価されています。物語は、主人公・丈という若者がボクサーとしての道を歩み、人間としての成長を描いています。出崎統がチーフディレクターを務めたこの作品は、ボクシングの描写だけでなく、丈の人間性に深く迫り、その変化を鮮やかに描き出しています。ボクシングアニメの金字塔とも称される「あしたのジョー」は、スポーツだけでなく人間ドラマも楽しむことができる作品です。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「あしたのジョー」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「あしたのジョー」の感想・レビュー評価

レビュー3件

総評価 3.3

  • 名無しさん/50代/男性 2

    キャラクターの成長描写は見事だが、時代背景が古く感じる。また、ボクシングシーンの描写が現代の視点から見ると物足りない。

  • 名無しさん/20代/男性 4

    ドヤ街からボクシング界への道を描いた作品。主人公の成長と闘いがリアルで感情移入しやすい。ただ、時代背景が古いため、現代視聴者には少々古臭さを感じるかも。全体的には見応えあり。

  • 名無しさん/60代/男性 4

    風来坊の主人公がボクシングに目覚め、人生を賭けた闘いが始まる。感動的な成長物語、必見!

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア