• HOME
  • 映画
  • 世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ


制作国日本
作品カテゴリー映画
制作年2004年
作品ジャンル ラブストーリー,ラブコメディ
「世界の中心で、愛をさけぶ」あらすじ

朔太郎と婚約者の律子は引っ越しのために荷造りをしていた。その際中、律子はあるカセットテープを見つける。それを聞いた律子は「探さないで」と書いた手紙を置いて姿を消してしまう。律子を探し出した後、朔太郎はカセットテープを聞いてみる。それには亡くなった恋人亜紀の声が残っていた。朔太郎と亜紀が出会ったのは中学校のときで、朔太郎にとって亜紀はなんでもできるまぶしすぎる存在だった。2人は恋に落ち、一緒に幸せな時間を過ごしていた。しかし、彼らに試練が降りかかる。アキが白血病になったのだ。朔太郎は日に日に衰弱していく恋人の夢を叶えるために奔走する。

「世界の中心で、愛をさけぶ」キャスト

【出演】
松本朔太郎(大沢たかお) 藤村律子(柴咲コウ) 広瀬亜紀(長澤まさみ) サク・高校時代の朔太郎(森山未來) 重蔵(山崎努) 大木龍之介(宮藤官九郎) ジョニー(津田寛治) 高校時代の龍之介(高橋一生) 少女時代の律子(菅野莉央) 亜紀の父(杉本哲太) 高校時代のジョニー(古畑勝隆) 高校時代の同級生(内野謙太) 高校時代の同級生(宮崎将) カメラ屋の店員(マギー) 空港の係員(大森南朋) 中川悠子(松田一沙) 高校時代の同級生(西原亜季) 蜷川先生(近藤芳正) 写真館の客(市川しんぺー) 英語教師(ダンディ坂野) 朔太郎の上司(天海祐希) 朔太郎の母(木内みどり) 映画監督(森田芳光) 少女・律子の母(田中美里
【監督】
行定勲 
【原作】
片山恭一 
【音楽】
めいなCo. 
【脚本】
坂元裕二 伊藤ちひろ 行定勲 
【製作】
本間英行 

「世界の中心で、愛をさけぶ」概要

「世界の中心で、愛をさけぶ」は、ベストセラーを映像化した作品で、「セカチュー」ブームを巻き起こした純愛映画の決定版です。主演には長澤まさみと森山未來を迎え、「北の零年」の行定勲監督が悲しい初恋と切なく揺れる大人の愛を描きます。四国の懐かしい風景とあふれる涙が観る者の心を洗い流す、感動的な作品です。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「世界の中心で、愛をさけぶ」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Hulu(フールー) レンタル

無料期間なし 1,026円/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「世界の中心で、愛をさけぶ」の感想・レビュー評価

レビュー7件

総評価 3.4

  • あびさん/20代/女性 5

    視聴済み

    純愛だなと思います。白血病で死んでいく恋人をそばでみて、朔太郎は辛かっただろうなと思います。散骨するシーンで、彼女と一区切りつける決心がついたかなと思いました。

  • 名無しさん/40代/女性 2

    初恋の甘酸っぱさと切なさが胸に迫る作品。豪華キャストの演技も見どころだけど、白血病の描写がリアルすぎて辛い。でも、四国の風景が癒しを与えてくれるよ。

  • 名無しさん/60代/女性 5

    初恋の切なさと大人の愛の揺れ動きが心に響く。豪華キャストの演技も素晴らしく、涙が止まらない。四国の風景も見どころの一つ。

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア