涼宮ハルヒの憂鬱


制作国日本
作品カテゴリーアニメ
制作年2006年
作品ジャンル ギャグ,コメディ
「涼宮ハルヒの憂鬱」あらすじ

SOS団。それは、「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」である。 キョンは、ごく平凡な男子高校生。彼の高校生活が180度変わるきっかけになったのは、ひとりの美少女だった。「ただの人間に興味はありません」「宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたらあたしのところにきなさい」。クラスの自己紹介でそう言ってのけた、涼宮ハルヒ。ハルヒに興味本位で話しかけるキョン。相手にされずにいたが、ハルヒが髪を切ったことに触れると徐々に話すようになった。 ある日、どの部活動も楽しくないと不機嫌になるハルヒだったが、キョンの言葉をきっかけに自分で部活を作ろうと思い付く。キョンは見事SOS団発足に巻き込まれてしまうのだった。

「涼宮ハルヒの憂鬱」キャスト

【声の出演】
キョン(杉田智和) 涼宮ハルヒ(平野綾) 長門有希(茅原実里) 朝比奈みくる(後藤邑子) 古泉一樹(小野大輔) 朝倉涼子(桑谷夏子) 鶴屋さん(松岡由貴) 谷口(白石稔) 国木田(松元恵) キョンの妹(あおきさやか) 喜緑江美里(白鳥由里) シャミセン(緒方賢一) 森村清純(柳沢栄治) 鈴木雄輔(望月健一
【監督】
石原立也 
【原作】
谷川流 
【アニメーション制作】
京都アニメーション 
【キャラクターデザイン】
池田晶子 
【音楽】
神前暁 
【総作画監督】
池田晶子 
【キャラクター原案】
いとうのいぢ 

「涼宮ハルヒの憂鬱」概要

「涼宮ハルヒの憂鬱」は、高校生・キョンが主人公で、彼が涼宮ハルヒに振り回される物語です。ハルヒは“SOS団”という団体を設立し、その騒動を描いています。物語は、平凡な高校の部活動と宇宙の存続に関わる大災厄が、ハルヒの気まぐれな性格とリンクして展開します。退屈な日常が驚きにあふれた非日常へと転換していく作品世界は、視聴者を引きつける魅力があります。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「涼宮ハルヒの憂鬱」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Hulu(フールー) 見放題

無料期間なし 1,026円/月

公式サイトへ

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス) 見放題

初回30日間無料 1,026円~/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「涼宮ハルヒの憂鬱」の感想・レビュー評価

レビュー11件

総評価 4.3

  • るるぶひさん/40代/男性 5

    視聴済み

    友人から勧められて観たのですが、最初は学園ものかな?と思っていました。ところが、同じ学校に超能力者や未来から来た人が出て来るところから変わった作品だなとは思いました。そこから結構頭を使う話になっていき、極めつけはエンドレスエイト。早い話がほぼ同じ内容が8話繰り返される事。これはびっくりしますが、こんな演出があるんだとも驚きました。このアニメ、なんといってもキャラクターの個性がはっきりしており、表情豊かな上に動きもなめらか。アニメの最終話では映画に繋がる伏線もあったり。随所に「あ、これはこういう意味だったのか」と分かる部分があったりでアニメの楽しさを一気に集めた作品だと思います。

  • 名無しさん/30代/女性 4

    キャラクターの個性が強く、特に主人公の気まぐれさが物語を引っ張っていて面白い。ただ、ストーリー展開がやや複雑で理解しにくい部分も。視覚的には楽しめるけど、深読みは難しいかも。

  • 名無しさん/10代/女性 2

    キャラクターが魅力的だけど、話が複雑すぎてついていけない。もっとシンプルな展開が良かったな。キャラの行動も予想外で混乱したよ。

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア