• HOME
  • 映画
  • マリー・アントワネットに別れをつげて

マリー・アントワネットに別れをつげて


制作国フランス/スペイン
作品カテゴリー映画
制作年2012年
作品ジャンル 史劇
「マリー・アントワネットに別れをつげて」あらすじ

1789年7月14日。バスティーユが陥落し、王妃マリー・アントワネットとその寵愛を受けるポリニャック夫人の名も載ったギロチンリストが発表され、宮殿内は騒然。王妃を慕う朗読係シドニーだったが、彼女にポリニャック夫人の身代わりを命じられ…。

「マリー・アントワネットに別れをつげて」キャスト

【出演】
シドニー・ラボルド(レア・セドゥ) マリー・アントワネット(ダイアン・クルーガー) ガブリエル・ド・ポリニャック夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン) ルイ16世(グザヴィエ・ボーヴォワ) カンパン夫人(ノエミ・ルヴォフスキーミシェル・ロバン ジュリー=マリー・パルマンティエ ロリータ・シャマー マルテ・コフマン ヴラジミール・コンシニ アンヌ・ブノワ ドミニク・レイモン エルヴェ・ピエール アラダン・レイベル ジャック・ノロ ジャック・エルラン マルティーヌ・シュヴァリエ ジャック・ブーデ ジャン=クレティアン・シベルタン=ブラン ジャン=マルク・ステーレ セルジュ・レンコ 
【監督】
ブノワ・ジャコー 
【原作】
シャンタル・トマ 
【音楽】
ブリュノ・クーレ 
【脚本】
ジル・トーラン ブノワ・ジャコー 
【製作】
ジャン=ピエール・ゲラン クリスティナ・ラルサン ペドロ・ウリオル 

「マリー・アントワネットに別れをつげて」概要

「マリー・アントワネットに別れをつげて」は、ヴェルサイユ宮殿の最後の日々を描いた作品です。物語の中心は、マリー・アントワネットの朗読係を務めた少女で、彼女の王妃への叶わぬ片思いが切なく描かれています。フランス文学賞に輝いた原作小説を、ブノワ・ジャコー監督が映画化しました。ヴェルサイユ宮殿でのロケが敢行され、当時の雰囲気を忠実に再現しています。この作品は、歴史的な背景と人間の感情が絶妙に絡み合った、見ごたえのある作品となっています。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「マリー・アントワネットに別れをつげて」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Amazonプライムビデオ レンタル

初回30日間無料 600円/月

公式サイトへ

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス) 見放題

初回30日間無料 1,026円~/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「マリー・アントワネットに別れをつげて」の感想・レビュー評価

レビュー3件

総評価 3.3

  • 名無しさん/10代/女性 4

    バスティーユ陥落の日、王妃と朗読係の切ない片思いが描かれてるよ。ヴェルサイユ宮殿の雰囲気もリアルで良かったけど、もう少し感情が深く描かれてたら良かったな。でも、見る価値はあるよ!

  • 名無しさん/60代/女性 2

    残念ながら、期待はずれ。王妃への片思い描写は浅く、ヴェルサイユの雰囲気も物足りない。監督の才能を活かせていない。

  • 名無しさん/40代/男性 4

    絶妙な演出と美しい映像が心を揺さぶる。王妃への片思いの切なさと、ヴェルサイユ宮殿の雰囲気が素晴らしい。

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア