英国王のスピーチ


制作国イギリス/オーストラリア
作品カテゴリー映画
制作年2010年
作品ジャンル ドラマ
「英国王のスピーチ」あらすじ

英国王ジョージ5世の息子のヨーク公は、幼い頃から吃音で悩んでいた…。しかし王族としての責務を果たすためにスピーチはかかせないものであるため、ヨーク公は吃音症を治そうと専門家のライオネルのもとを訪ねる。しかしライオネルの治療は、王室への礼儀作法を欠いたものであり、ヨーク公は反発する。しかしライオネルの治療がためになると気付いたヨーク公はライオネルのもとに通うようになり、二人の間にはいつしか友情が芽生えていた!やがてヨーク公はジョージ6世となり、緊迫した情勢の中、重要なスピーチの場に向かう!

「英国王のスピーチ」キャスト

【出演】
ジョージ6世(コリン・ファース) ライオネル・ローグ(ジェフリー・ラッシュ) エドワード8世(ガイ・ピアース) ウィンストン・チャーチル(ティモシー・スポール) 大司教コスモ・ラング(デレク・ジャコビ) ローグ夫人(ジェニファー・イーリー) ジョージ5世(マイケル・ガンボンロバート・ポータル エイドリアン・スカーボロー エリザベス(ヘレナ・ボナム・カーターアンドリュー・ヘイヴィル ロジャー・ハモンド パトリック・ライカート メアリー王妃(クレア・ブルーム) ウォリス・シンプソン(イヴ・ベスト) エリザベス2世(フライア・ウィルソン) マーガレット(ラモーナ・マルケス) ボールドウィン首相(アンソニー・アンドリュースティム・ダウニー 
【監督】
トム・フーパー 
【音楽】
アレクサンドル・デスプラ 
【脚本】
デヴィッド・サイドラー 
【製作】
イアン・カニング エミール・シャーマン ギャレス・アンウィン 

「英国王のスピーチ」概要

「英国王のスピーチ」は、アカデミー賞4部門を受賞した感動のドラマ作品です。物語は、イギリス王ジョージ6世の実話を基に描かれています。彼は生まれつきの吃音に悩み、そのコンプレックスと宿命を背負っています。しかし、風変わりなスピーチ療法士の助けを借りて、自身の苦悩を乗り越えていきます。監督は「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー。主演のコリン・ファースの繊細な演技が、王の内面を深く描き出しています。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「英国王のスピーチ」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Hulu(フールー) 見放題

無料期間なし 1,026円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Lemino(レミノ) 見放題

初回31日間無料 990円/月

公式サイトへ

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス) 見放題

初回30日間無料 1,026円~/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「英国王のスピーチ」の感想・レビュー評価

レビュー4件

総評価 4.3

  • カルぺ さん/40代/男性 5

    視聴済み

    実話ということもあり、リアル感があって楽しめました。 王族だから人前でのスピーチが上手いというのはある意味、偏見であり、裏側では誰かが支えていて時には少し厳しく指導しているようなことも垣間見れて、なかなか楽しめた映画でした。 少し忘れた頃にまた観たくなります。

  • 名無しさん/10代/女性 4

    吃音の王子が立派な王になるまでの成長物語。ライオネルの型破りな治療法に最初は反発するけど、結果的には彼のおかげで自信を持てるようになるのが感動的。でも、もう少しライオネルの過去や人間性に焦点を当てて欲しかったな。全体的にはまあまあ楽しめたよ!

  • 名無しさん/40代/女性 3

    吃音克服の過程が描かれているけど、感情移入しにくい。主人公の成長が見えず、演技も平坦。期待外れだったわ。

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア