太陽の季節


制作国日本
作品カテゴリー映画
制作年1956年
作品ジャンル クラシック
「太陽の季節」あらすじ

大学生・辰哉は満たされない青春のエネルギーをボクシングとナンパとケンカにぶつける毎日を送っていた。ある日、竜哉は仲間と銀座でナンパした女子大生グループのひとり、英子とベッドを共にする。やがて竜哉は、英子から本気で愛されるようになるのだが…。

「太陽の季節」キャスト

【出演】
津川竜哉(長門裕之) 兄・道久(三島耕) 父・洋一(清水将夫) 母・稲代(坪内美詠子) 武田英子(南田洋子) 幸子(東谷暎子) 由紀(小野三津枝) 佐原(市村博) 江田(佐野浅夫) 伊豆(石原裕次郎) 西村(野口一雄) 田宮(沢井謙) 松野(須藤孝) 拳斗選手(吉田光男) エルザー(関弘子) サリ(南部美野) マリー(久場礼子) ミッチー(河上敬子) ジェリー(明石淳子) 英子の母(紅沢葉子) バンド・マスター(岡田真澄) 女給(三鈴恵以子) 海水浴場の女(松原京子) 審判(阿部幸四郎) サッカー選手(石原慎太郎) 菓子の家の女中(福田トヨ) 顔役(花村信輝) 顔役(八代康二
【監督】
古川卓巳 
【原作】
石原慎太郎 
【音楽】
佐藤勝 
【脚本】
古川卓巳 
【製作】
水の江滝子 

「太陽の季節」概要

「太陽の季節」は、昭和30年代前半の若者たち、通称“太陽族”の風俗を描いた作品です。主演の石原裕次郎が鮮烈なデビューを飾った記念碑的な作品で、日活青春映画の礎を築きました。愛について無知な若者たちの夏を描きつつ、「仁義なき戦い」を思わせる衝撃的なラストシーンが見どころとなっています。この作品は、石原裕次郎を世に送り出した意義深い作品であり、その鮮烈なデビュー作としても知られています。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「太陽の季節」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Hulu(フールー) 見放題

無料期間なし 1,026円/月

公式サイトへ

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス) 見放題

初回30日間無料 1,026円~/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「太陽の季節」の感想・レビュー評価

レビュー3件

総評価 3

  • 名無しさん/10代/男性 3

    青春のエネルギーが溢れるストーリーだったよ!ボクシングとナンパ、ケンカが主人公の日常ってちょっと驚いたけど、それが彼の生き方なんだなって思った。でも、英子との関係が深まるにつれて、彼の中に何か変化が起きていくのが面白かった。ラストシーンはちょっと予想外だったけど、それがこの作品の魅力なのかも。でも、もう少し何かが足りない気がしたな。でも、全体的には面白かったよ!

  • 名無しさん/30代/男性 1

    キャラクターの心情描写が浅く、感情移入しにくい。石原裕次郎の魅力も活かせていない。ラストの衝撃も弱く、物足りなさを感じた。

  • 名無しさん/50代/女性 5

    青春のエネルギーと愛の葛藤が見事に描かれていて、心に響きました。ラストの衝撃も必見です!

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア