サボタージュ


制作国アメリカ
作品カテゴリー映画
制作年2014年
作品ジャンル R指定
「サボタージュ」あらすじ

麻薬取締局のジョン率いる特殊部隊チームは、組織のルールに縛られない特別な存在として確固たる地位を築く一方、麻薬組織の摘発と同時に闇資金も横領していた。しかし、盗んだはずの1000万ドルが消えてしまった上、隊員たちが次々と殺されていき…。

「サボタージュ」キャスト

【出演】
ジョン・“ブリーチャー”・ウォートン(アーノルド・シュワルツェネッガー) モンスター(サム・ワーシントン) キャロライン(オリヴィア・ウィリアムズ) シュガー(テレンス・ハワード) グラインダー(ジョー・マンガニエロ) ジャクソン(ハロルド・ペリノー) トム(マーティン・ドノヴァン) パイロ(マックス・マーティーニ) ネック(ジョシュ・ホロウェイ) リジー(ミレイユ・イーノス) トライポッド(ケヴィン・ヴァンス) スモーク(マーク・シュレーゲルモーリス・コンプト マイケル・モンクス 
【監督】
デヴィッド・エアー 
【音楽】
デヴィッド・サーディ 
【脚本】
スキップ・ウッズ デヴィッド・エアー 
【製作】
ビル・ブロック デヴィッド・エアー イーサン・スミス ポール・ハンソン パラク・パテル 

「サボタージュ」概要

「サボタージュ」は、アクションとミステリーが見事に融合した作品です。ストーリーは、麻薬取締軍団がなぜ狙われることになったのかという疑問から展開します。アガサ・クリスティの小説「そして誰もいなくなった」を題材に、デヴィッド・エアー監督が男臭い物語を描き出しています。麻薬取締官たちのワイルドな姿が描かれ、そのクールさが最高の見どころとなっています。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「サボタージュ」の感想・レビュー評価

レビュー5件

総評価 3.2

  • 名無しさん/10代/女性 4

    特殊部隊の男たちが麻薬組織と闘う話、結構面白かったよ!でも、1000万ドルが消えて隊員が殺されるのはちょっと怖かったな。でも、男臭い物語はクールだった!

  • 名無しさん/50代/女性 2

    物語の男臭さは一見魅力的だけど、闇資金の横領や隊員の死が重すぎて気分が沈む。クールさよりも、もう少し人間味が欲しかったな。

  • 名無しさん/20代/女性 4

    アクション満載で男臭さが最高!特殊部隊の麻薬取締官たちのクールさに魅了されたわ。ワイルドでスリリングな展開がたまらない!

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア