• HOME
  • 映画
  • 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~


制作国日本
作品カテゴリー映画
制作年2007年
作品ジャンル ドラマ
「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」あらすじ

1960年代、飲んだくれのオトンに愛想を尽かし、幼いボクを連れて筑豊の実家に戻ったオカン。時は流れ、上京したボクは得意の絵で食べていこうと一念発起し、がむしゃらに働き始める。ようやく仕事が軌道に乗った頃、久々にオカンと連絡を取るが…。

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」キャスト

【出演】
ボク(オダギリジョー) オカン(樹木希林) 若い頃のオカン(内田也哉子) ミズエ(松たか子) オトン(小林薫) 中学、高校時代のボク(冨浦智嗣) 小学校時代のボク(田中祥平) 幼少時代のボク(谷端奏人) 筑豊のばあちゃん(渡辺美佐子) 小倉のばあちゃん(佐々木すみ江) 現在のノブエおばさん(原知佐子) 現在のみえ子おばさん(結城美栄子) ブーブおばさん(猫背椿) タマミ(伊藤歩) 平栗(勝地涼) 磯山(平山広行) えのもと(荒川良々) ホセ(辻修) ハイカラな男(寺島進) 若い頃のノブエおばさん(小島聖) 若い頃のみえ子おばさん(吉本菜穂子) 小料理屋の客(光石研) 病院の借家の老婆(千石規子) ラジオ局のディレクター(仲村トオル) 高校の女教師(土屋久美子) 不動産屋の事務員(小泉今日子) 「かっぱ」の客(板尾創路) 編集長(六角精児) アイドルDJ(宮崎あおい) 郵便配達(田口トモロヲ) 中目黒の大家(松田美由紀) 笹塚の診療所の医者(柄本明) 東京の病院の医者(田中哲司) 葬儀屋(塩見三省) 催促する編集者の声(岩松了) 風俗嬢C(江本純子) 風俗嬢A(安藤玉恵) 風俗嬢B(栗原瞳) 堕落した日々の彼女(麻里也) 大学時代の彼女(竹下玲奈) 似顔絵教室の女子社員(小林麻子) 東京の看護婦(ぼくもとさきこ
【監督】
松岡錠司 
【原作】
リリー・フランキー 
【音楽】
上田禎 
【脚本】
松尾スズキ 

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」概要

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」は、リリー・フランキーの自伝小説を映画化した作品です。主演のオダギリジョーと共に、樹木希林ら豪華俳優陣が出演し、監督は「映画 深夜食堂」の松岡錠司、脚本は松尾スズキが担当しています。若き日のおかんを演じた樹木希林の娘・内田也哉子の演技にも注目です。この作品は、家族の絆や人間の強さ、生きることの美しさを描いた感動作となっています。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」の感想・レビュー評価

レビュー3件

総評価 2.7

  • 名無しさん/50代/男性 2

    親子の絆を描いた作品。オダギリジョーの演技は見事だが、ストーリーはやや平坦。樹木希林と内田也哉子の親子共演は見どころ。全体的にはまずまず。

  • 名無しさん/10代/男性 1

    観てみたけど、感動する場面が少なくてつまらなかったな。豪華俳優陣だけど、もっと面白くできたはず。もう一度観る気はないな。

  • 名無しさん/40代/男性 5

    親子の絆と挫折を描いた感動作。オダギリジョーの繊細な演技と樹木希林の存在感が素晴らしい。見終わった後に心に残る。

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア