ローマの休日


制作国アメリカ
作品カテゴリー映画
制作年1953年
作品ジャンル クラシック
「ローマの休日」あらすじ

ヨーロッパ最古の王室の王位継承者アン王女(オードリー・ヘップバーン)は、親善旅行でロンドンやパリなど各地を来訪する。過密スケジュールと、決められたスピーチを披露するだけのセレモニーに退屈気味で、就寝時軽いヒステリーを起こしてしまう。主治医に鎮静剤を注されたものの、宿舎である宮殿をひそかに脱出する。しかし途中で鎮静剤が効いてきて、道端のベンチでぐったり。するとそこに通りかかった、新聞記者ジョー・ブラトリー(グレコリーペック)が声をかけ家に帰そうとする。しかしアンの意識は朦朧としており、仕方なく自分のアパートへ連れて帰る。翌朝、出勤しその彼女がアン王女であることを知ったジョーは?!

「ローマの休日」キャスト

【出演】
アン王女(オードリー・ヘプバーン) ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック) アーヴィング(エディ・アルバート) 将軍(テュリオ・カルミナティ) 美容師(パオロ・カルリーニ) ブラッドレーの上司(ハートリー・パワー) ヴィアバーグ伯爵婦人(マーガレット・ローリングス) 大使(ハーコート・ウィリアムズクラウディオ・エルメッリ 
【監督】
ウィリアム・ワイラー 
【音楽】
ジョルジュ・オーリック 
【脚本】
イアン・マクレラン・ハンター ジョン・ダイトン ダルトン・トランボ 
【製作】
ウィリアム・ワイラー 

「ローマの休日」概要

「ローマの休日」は、アン王女役のオードリー・ヘプバーンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した作品です。彼女の美しさが世界を魅了し、映画史上最高にロマンチックなラブコメディと称されています。ほぼ無名の新人だったヘプバーンの魅力を存分に引き出したのは、監督ウィリアム・ワイラーの手腕です。彼の巧みな演出により、王女としての立場と恋愛との間で揺れ動くアン王女の心情が見事に描かれています。

※作品情報の一部はU-NEXTから引用しております。
引用元:https://video.unext.jp/

「ローマの休日」を配信中の
動画配信サービス
配信状況 料金(税込) 配信サイトへ
U-NEXT(ユーネクスト) 見放題

初回31日間無料 2,189円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Hulu(フールー) 見放題

無料期間なし 1,026円/月

公式サイトへ

詳細を見る

Amazonプライムビデオ レンタル

初回30日間無料 600円/月

公式サイトへ

詳細を見る

FODプレミアム 見放題

無料期間なし 976円/月

公式サイトへ

詳細を見る

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス) 見放題

初回30日間無料 1,026円~/月

公式サイトへ

詳細を見る

※当サイトで調査したサービスの中から配信中のサービスのみ掲載しています。

※プロモーションを含みます。

「ローマの休日」の感想・レビュー評価

レビュー5件

総評価 3.8

  • なぎささん/30代/女性 5

    視聴済み

    王女との時間が愛しくかけがえのないものになってしまったからこその、ラストシーンの間と余韻が何とも言えず切なく感動的でした。身分違いのはかない恋の物語といったらまずこの作品が思いつくのではないか、というほどの名作です。

  • こっしーさん/40代/女性 5

    視聴済み

    名作です。名シーンがたくさん。アンとジョーの最後の選択は、とても尊く、切ないです。アンは、このローマでの思い出を一生胸に抱えて生きていくんだろうな…。オリジナルの外国語で観ると、立場の違いがセリフにも表れていて、面白いし勉強になります。そして、オードリー・ヘップバーンがとにかく可愛く、美しいです。

  • 名無しさん/50代/男性 2

    オードリー・ヘップバーンの魅力が光る作品。王女と新聞記者の出会いが描かれ、ユーモラスで心温まる一方、予定調和的な展開はやや物足りない。ヘップバーンの演技力は見事だが、全体的には平均的な印象。

レビューを書く

※レビューは承認制となります。投稿までタイムラグがございますことをご了承ください。


 クリックして入力してください

タップして入力してください

この記事を友達にシェア